icon_topicsお役立ち情報

【読まなきゃ損】動画・音素材販売izmakerの秘訣まとめ 映像編集&サウンドクリエイター必見!

結局、izmakerって何がすごいの?どこが他のサービスと違うの?ズバッとお答えします!

sgin

コンポジットやVFX、ノンリニア編集に携わるビデオクリエイターさんや、BGMや効果音、楽曲制作に携わるサウンドクリエイターさんなら、一度は素材集や素材サイトから制作に必要なソースを入手したことがあると思います。また、反対にソースを提供する販売者になった事があるフリーランスの方もいらっしゃると思います。

izmakerはいわゆるストックサービス(マイクロストックとも言う)という素材売買サービスです。国内外にはいくつかストックサービスサイトがありますが、各サイトにはそれぞれ取扱商品の得意分野があり、販売者側機能の機能差や報酬率の違いがあります。

本号ではizmakerはどこが他社と違うのか、販売者側の機能を重点的にご紹介致します。

|第1章|そもそもストックサービスって何?

機能紹介をする前に、改めて「ストックサービス」とはどんな仕組かをご説明します。
(ストックサービスをご存知の方は次の章へお進みください)

端的に説明すると、ムービーや写真のデータ、またPhotoshopやAfter Effects等のプロジェクトファイル、ミュージックやサウンドエフェクト等のデータをネット上で販売するECサービスです。

ECサービスですから、素材商品を求めている方と素材を提供する方がいます。
素材を求めている方は素材を無料ダウンロード、もしくは有料購入をします。
素材を提供する方は、ストックサービスに販売店登録(会員登録)を行い、制作した商品をネット上の自分の店舗に展示(出品)します。商品が売れた場合、商品代金を受取る事ができます。その際、サービス毎に販売手数料や仲介料という形で、代金の一部をサービス運営へ支払う必要があります。(改めて、別記事で詳しくご説明致します)

別のサービスを例にあげるとすれば、楽天市場やAmazonのようなサービスと基本的にかわりません。

楽天市場であれば、サービスの主運営をしている楽天に自分の店舗を登録します。そして、店舗ができたら商品を展示し、その商品が売れた場合は、商品代金を受取ることができます。

ストックサービスの仕組もこれと同じです。

楽天やAmazonと違う点があるとすれば、ストックサービスは商品がデジタルコンテンツの為、商品自体の発送が一切不要、保管場所や倉庫の確保も不要と販売者側の負担が大きく軽減されるサービスです。また、もう1つ大きなメリットがあります。それは、例えば洋服等の物理的な商品はある程度売れる数の予測を立てて、その数分を制作し販売するのに対し、デジタルコンテンツの場合は同じ物を量産する必要は無く、1つだけ作れば良いという事です。あとは在庫残りや追加生産の心配をする事なく、お客様にいくつでも購入して頂ける事が大きなメリットです。

また、当然の事ながらECは実店舗を必要としないため、店舗を用意する開店費用や時間、そして維持経費も全く必要ありません。始めたいと思ったら今すぐスタートできます。

ヒット商品を1つでも作れば、たちまち大きな報酬を得る事も可能ですし、副業でコツコツ商品を制作し、お小遣い程度の売上を手にする事も可能です。何を目的にするかはクリエイターの皆さん次第です。

ストックサービスの仕組とメリットはご理解頂けましたでしょうか?

それでは次の章ではizmakerにおける会員登録や出品時の利点を紹介致します。

|第2章|今すぐ出品して販売を始められますか?

まず最初に、第2章のタイトル「今すぐ出品して販売を始められますか?」の問いについてお答えしますと、「はい、izmakerは今すぐ販売できます。」

izmakerでは、お客様の感情、状況、都合を最優先した仕組みづくりをし、運営を行っています。

感情、状況、都合とは何かといいますと

「今日から始まった月曜ドラマ〇〇。テーマソングが大ヒット中。そのテーマソングのテイストを取り入れたBGMを作ったので、今すぐ出品したい」

「今月は色々物入りでお小遣いが足りない。どうにか今すぐ小遣いを稼ぐ為に、昨日頑張って作ったこのエフェクトデータを、今日から販売したい」

「急にレギュラーの仕事が無くなった。またいつ別のレギュラーが無くなるか分からない。額は少ないけど定期的な収益が確保できるコンテンツショップを、今のうちから始めたい」

という、お客様に突如起こりうる問題と、それをきっかけに生じる心理状況を指しています。

では、具体的にizmakerが今すぐ販売できるわけを他のサービスと比較しながら説明致します。

まず、ストックサービスに限らず、ECを目的としたサービスの多くは出品者登録もしくは出店者登録の時点で一定の審査を必要とします。当然の事ながら審査に通過しなければ販売を行うことはできません。

審査内容はサービス毎に様々ですが、ストックサービス系の場合は下記のような審査を実施する事があります。

A.作品確認

B.銀行口座確認もしくは決済アカウント確認

C.現住所・電話連絡先確認

最初にあげた「A.作品確認」これは、これから出品しようとしているユーザーのスキル、センス、また既存ユーザーとの比較確認の為実施しています。そして「B.銀行口座確認もしくは決済アカウント確認」「C.現住所・連絡先確認」はそのユーザーの個人確認と照合の為実施しています。各種サービスで重要視する事や目的が違うため、これらの審査を事前に実施する事が必ずしも悪い事とは限りませんが、これらの確認にある程度の期間を有する事は間違いないです。最短でも3日、最長でも10日〜2週間前後はかかります。こと団体や企業の登録ともなると1ヶ月以上かかる事もあります。

2014年7月現在のizmakerでは、クリエイターのスキルレベルによって登録の制限をする事は行っておりません。よって事前の「A.作品確認」は行っておりません。売上が発生した際の出金先確認は出金依頼時に行っております。売上が発生した際、まずはイーズメーカー口座(サービス内の収支管理機能)に売上代金を保管しています。よって会員登録時に「B.銀行口座確認もしくは決済アカウント確認」を行う事はありません。粗悪品の取扱、また著作権を侵害するような商品を取扱った場合の連絡先として、izmakerでも連絡先確認は行わせて頂きます。ただし、現時点では利用規約第6条5号の通り「開示請求がなされた場合、遅延なく連絡先を開示する事を約束する場合には、予め事前の連絡先登録は要しない。」としています。その規約に基づき「C.現住所・電話連絡先確認」は事前に行っておりません。

このように、izmakerではスキルや経験に問わず自由に販売できる事、またイーズメーカー口座等の機能を設備する事で、会員登録時の審査を撤廃し、速やかに出品者としての権利が取得できる仕組を整えています。

次は商品展示(出品)について説明致します。

会員登録と同じく、各サービスで出品時におけるルールは異なります。例えば商品のデータ容量であるとか、ファイル形式、商品名の付け方、料金の設定についてのルールがあります。そのルールを守らなければ出品しても店頭へ展示してもらえません。しかし、もう1つ大きな難関があります。それは、商品のクオリティー(著作権の確認は別です)に対する審査です。

商品クオリティーの審査をする主な理由は3つあります。(1)サービス全体で一定の品質を保つため (2)内容が良かったとしても売れそうに無い素材の取扱を避けるため (3)類似商品を無くすため この3つが主な理由です。

(1)については、サービス毎に得意とする分野があり、それに準ずる商品を取揃えたいという目的がある事と、購入者に対するサービスのイメージアップを目的としています。(2)(3)で商品を絞る理由は、無店舗型ECとはいえ、商品を格納しておくサーバ設備の維持を行うサービス側は、売れそうにない商品や類似商品をなんでも受付けていたら倉庫代(サーバ代)が高くなってしまうからです。もちろん出品者の事も考えて、売れない商品を売りに出してもロスとなる事、類似商品があれば類似商品と競争する事になってしまう事を示すシグナルとして受ける事もできるため、一方的に運営側の都合だけでは無い事もあります。

とはいえ、審査がある以上はまずその審査期間が必要で、審査が通れば良いのですが、通らなければ結局商品を作った苦労も、商品登録をした労力も無駄に終わります。ちなみに、商品審査期間はサイトによりまちまちですが、最短で3〜5日、最長で2週間程度かかる事が多いようです。そして、海外サイトの場合、審査結果や商品内容の見直し通知が英文できます。

今現在のizmakerでは、「おめでとう(Happy or Congratulation)」「ありがとう(Happy or Thanks)」にまつわる商品を重点的に取扱って頂く事を奨励しております。方針に沿った商品については運営より優先的に宣伝もさせて頂いております。しかし、方針に沿わないという理由で商品の展示を見送っていただくといった対応はしておりません。また、売れそうに無い商品や類似商品につきましても、まずは売ってみて出品者の方に直接反応を感じてもらい、商品の見せ方やPRの工夫、次回作へのヒントにつながれば良いと考えていますので、同様に商品展示を見送っていただくような対応はしておりません。

以上のことから、会員登録後も速やかに出品登録および商品展示が行える仕組を整えています。

このような目的でizmakerは会員登録および商品登録における審査の撤廃と緩和をしております。その為、出品者が売りたいと思ったそのときに販売する事を可能にしています。

どのサービスよりも圧倒的に早く販売を開始できます。会員登録は3分、商品登録も5〜10分で完了します。

まとめ 〜「本当なら売れてたのに」という損をしない秘訣〜

image

いかがでしたか?ストックサービスの仕組とメリット、izmakerの他社と違う運営方針に魅力を感じて頂けたでしょうか?

もし、魅力を感じて頂けたなら、ぜひ、今すぐ始めてみてください。

この記事を隅々まで読んでくださった方であれば、「izmakerなら審査不要だからすぐにショップを開けるし、商品だって今すぐに展示できるから、急がなくても良い」と思った方もいると思います。

ではなぜ「今すぐ」なのでしょうか。それは、実績を積むために少しでも早く商品や出店者の存在を知っていただいた方が、損をしないからです。

皆さんが楽天やAmazon、その他のECサイトで商品を購入するときの様子を想像してみてください。まず、目的の物がありそうなサービスに行きます。明確な商品名があればその商品名を入力して検索します。明確な商品名が思い当たらない場合は、商品内容で検索したり絞り込んでみたりします。そして検索にヒットした商品を閲覧し、価格やスペック口コミ、出店者の評価等を見た後、どの商品を購入するかを判断すると思います。

このような流れの中で一番大切な事は、最初にユーザーが行う検索や絞り込みの際に、きちんと自分の商品がヒットする事です。そして、理想は検索の上位に商品が出る事です。その為には販売数、視聴数、評価数、口コミ数といった実績のある商品が検索上位にくる事を予め理解しておき、少しでも早く商品を出品し、視聴数を増やし、評価をもらい、販売数を伸ばしておく事が大事になってきます。

また、商品を探す際、検索ではなくいわゆるレコメンド(オススメ商品、注目ユーザー、この商品を見た人はこの商品も見ています等)を足がかりに商品を探す事があると思います。そのレコメンドに自分もしくは商品を表示する為には、やはり先にあげた項目の実績が必要です。レコメンドに表示される事で、自分の存在を自動的に宣伝する事にもつながります。そのときは別の商品を購入するかもしれませんが、また別の機会に「そういえばあのとき見た〇〇さんの商品が良かったな、確かキープリストに入れてたな」とお客様の記憶に擦り込んだ効果が生かされる事もあります。

良い商品であれば、後から出してもバカ売れすると思うかもしれませんが、商品や出品者が多くなればなるほど、実績こそが販売に大きく左右してきます。

早く始める事こそが、継続的に売れる機会を逃さない「本当なら売れてたのに」という損をしない秘訣です。

今後もCreators Hintでは、izmakerの魅力に迫ります!!
お楽しみに☆


|過去のCreators Hint|

VFX系素材を売りたい方必見!まずは素材パターンをおさえよう ☆Creators Hint! Part 1☆
http://today.izmaker.com/izmaker/useful/143/

どうしたらもっと売れるの?教えて RF素材を売るコツ!☆Creators Hint! Part 2 – 1☆
http://today.izmaker.com/izmaker/useful/132/

どうしたらもっと売れるの?教えて RF素材を売るコツ!☆Creators Hint! Part 2 – 2☆
http://today.izmaker.com/izmaker/useful/1610/


素材の制作依頼ならJOBSTADIUM
http://izmaker.com/jobstadium

動画と音のRF素材ならFile Market
http://izmaker.com/filemarket

リメイクオプションについて
http://izmaker.com/about/filemarket-option