icon_topicsテクニック

WordPressの自動保存とリビジョンを管理できるプラグイン「Revision Control」

WordPressの便利な機能としてリビジョンがあります。
これは下書き中の記事を自動的に保存し、また保存する時に過去のものに上書きしないで保存してくれます。これによって例えば「3回前に保存した状態に戻したいな〜」なんてことも出来るわけです。

しかしこの機能ですが、いくつか弱点があります。
1・DBを圧迫する
リビジョン毎にDBに保存されるので、DB内がリビジョンのデータだらけになります
2・保存時のサーバメモリ圧迫
1人で運営している場合は問題ありませんが、izmakerTodayの様に複数の記者がいる場合に、全員が同時に記事を書いていたりするとちょっと問題です
3・リビジョンに記事IDを食いつぶされる
これは人によって気にならないと思いますが、この機能を使っていると記事IDをキレイに並べることが出来なくなります。

そんな理由からこの機能をオフにしたい方も結構いると思います。
PHPファイルに直接記述して機能をオフにする方法もあるのですが、これだとWordPressのアップデートの度に書かないといけないのでちょっと不便です。

そんな時に「Revision Control」というプラグインがとても便利です。
スクリーンショット 2014-07-10 19.10.56
こんな画面なのですが

リビジョンの保存数を設定することが出来ます。無制限と保存しない設定もあります。
保存しないにするとリビジョンが保存されなくなります。
スクリーンショット 2014-07-10 19.15.10

下のテキストボックスで保存回数の細かい設定が出来ますが、基本的にはデフォルトで問題無いと思います。
これを導入してからサーバ負荷が少し軽減した気がします。


Revision Control
WORDPRESS.ORG Plugin Directory