icon_topicsニュース

【オートデスク】Maya、3ds Maxなどの3DCGアニメーション制作ソフトウェアの新バージョンを発表!イベントも!!

オートデスク株式会社が「Autodesk® Maya® 2015」および「Autodesk 3ds Max® 2015」などの3D CGアニメーション制作ソフトウェアの新バージョンと、これらをパッケージにした「Autodesk Entertainment Creation Suite 2015」を2014年4月14日より出荷開始する。

新バージョンでは、先進的な機能セットの採用、パフォーマンス、そしてシステム信頼性について強化を行いました。また、各ソフトウェアのユーザ インターフェイスに共通性を持たせて、業務ワークフローの相互運用性を強化しました。これらにより、より柔軟性の高いパイプラインと、クリエイティビティをより自由に発揮できる環境を実現しました。と発表した

 

Autodesk Entertainment Creation Suite 2015のラインナップ
制作プロジェクトの規模や内容により必要なアプリケーション群を選べる柔軟性の高いパッケージ

【Autodesk Entertainment Creation Suite Standard 2015】

【製品名】
・Autodesk Maya® 2015 またはAutodesk 3ds Max® 2015
・Autodesk MotionBuilder® 2015
・Autodesk Mudbox® 2015

【発売日】  4月14日

【希望小売価格(税別)】
永久ライセンス: 805,000円
レンタル プラン: 3カ月126,000円

【Autodesk Entertainment Creation Suite Ultimate 2015】

【製品名】
・Autodesk Maya 2015
・Autodesk 3ds Max 2015
・Autodesk Softimage 2015
・Autodesk MotionBuilder 2015
・Autodesk Mudbox 2015

【発売日】4月14日

【希望小売価格(税別)】
永久ライセンス: 950,000円(新価格)
レンタル プラン: 3カ月148,000円

 

―各ソフトウェアの主な新機能―

【Autodesk Maya 2015】

【発売日】4月14日

【希望小売価格(税別)】

永久ライセンス: 510,000 円
レンタル プラン: 1 カ月 32,000円より

012
・液体効果をシミュレーションするプロシージャエンジン「Bifrost」を搭載、フォトリアルなレンダリングも可能
・ヘア、ファー、羽をスタイリングする XGen プリミティブ ジェネレータを搭載し、nHair ツールセットによるシミュレーションが可能
・クアッド描画ツールやマルチカット ツール、ベベル機能などを改良することにより、モデリング機能を大幅に向上
・Pixar社のOpenSubdiv を利用してサブディビジョン結果を正確にレンダリング可能
・ShaderFX リアルタイム ハードウェア シェーダ エディタにより、高度なビューポート シェーダ(HLSL、GLSL、CgFX)の構築が可能
・多面体 ボクセル バインディング手法を搭載し、短時間で高精度な結果を生成可能

【Autodesk 3ds Max 2015】

【発売日】4月14日

【希望小売価格(税別)】

永久ライセンス: 510,000 円
レンタル プラン: 1 カ月 32,000円より

020
・超高解像度メッシュの扱いを軽量化し、テクスチャ ベイキングを高速化するなど、ビューポート機能を向上させ、膨大なデータセットでも高速かつ快適に作業可能
・ActiveShade プレビューレンダリングで新たにmental ray をサポートし、機能を拡張
・実際に存在するものをキャプチャした大量のデータセットをポイント クラウド データとして読み込んで表示、レンダリングが可能。当社の製造業/建設業向けソフトウェアと組み合わせて幅広いワークフローに利用可能
・様々なシーン管理モードを追加してシーンエクスプローラに一元化。効率的なレイヤ管理が可能
・ポピュレート 群衆作成機能に座るモーションを追加
・Python™スクリプト言語をサポートし、MAXScript および3ds Maxのコマンドラインから実行可能

 【Autodesk Softimage 2015(Suite同梱のみ)】

031
・Alembic 1.5 キャッシュフォーマットに対応
・ICE シーンの読み込みやビューポートでの大量データ選択速度を改善し、パフォーマンスを向上
・mental ray 3.12 をサポートしてプログレッシブ レンダリングに対応
・入力のオートコンプリートやタブキーによるノードアクセスを可能にして使い勝手を向上

【Autodesk MotionBuilder 2015】

【発売日】4月14日

【希望小売価格(税別)】585,000円

027
・マイクロソフト社Kinectのプラグインを搭載、簡易モーションキャプチャと音声認識による制御が可能
・カメラ プロパティへのキーフレーム設定が可能
・117種類にもおよぶモーションクリップのライブラリをサポート
・Flexible Mocap機能でスケルトンの角度調節が可能

【 Autodesk Mudbox 2015】

【発売日】4月14日

【希望小売価格(税別)】110,000円

030
・既存のメッシュから左右対称のメッシュ作成が可能
・カリパス ツールにより、モデルまたはカーブ上の2点間の距離計測が可能
・スカルプト レイヤ、ペイント レイヤにおいてレイヤ グループ機能が実行可能

【Autodesk Maya LT™ 2015】

【発売日】4月14日

【希望小売価格(税別)】

永久ライセンス:110,000 円
レンタル プラン:1 カ月 7,000円より

・Send to Unity機能で 3D アセットをポリゴン制限なしに Unity プロジェクトのアセットフォルダに直接書き出し可能
・ポリゴン制限を 25,000から 65,000 に増加
・当社クラウドサービスとの連携を向上、異なるツール間のデータ共有が効率的に
・Pixar社のOpenSubdiv を利用してサブディビジョン結果を正確にレンダリング
・新しいUV編集ツールを採用、モデリング作業の効率を向上
・Mayaのスクリプト言語「Maya Embedded Language(MEL)」スクリプトをサポート、反復的かつ複雑なタスクを簡素化し、チームメンバーとの効率的なワークフロー共有が実現


【オートデスクのイベント】
The day of Maya〜新バージョン2015 発表セミナー〜
4月17日(木) 13:30 – 17:30
・Mayaの新バージョンデモ
・株式会社ポリゴン・ピクチュアズ
「Maya による『シドニアの騎士』 制作事例紹介」

The day of 3ds Max〜新バージョン2015 発表セミナー〜
4月18日(金) 13:30 – 17:30
・3ds Maxの新バージョンデモ
・株式会社フロム・ソフトウェア
「3ds Max による『Dark Souls ll』 制作事例紹介」

オートデスクのイベントについて詳細はこちらをご覧ください

オートデスク
http://www.autodesk.co.jp