icon_topicsニュース

【サウンド・プラネタリウム 2014】”月への旅” 1000万個の星と高音質ハイレゾ音源で音楽を楽しもう

ソニー株式会社が、昨年開催して大好評を博した「サウンド・プラネタリウム」の第二弾として、“月への旅”をテーマに、「サウンド・プラネタリウム 2014」を開催。
eventPhoto
開催期間:2014年11月7日(金)〜12月25日(木)
会場:東京・銀座 ソニービル 8階 コミュニケーションゾーン OPUS ホワイエ MAP
時間:11:00 ~ 19:00 [約15分の映像を繰り返し上演]
入場料:無料 [入退場自由]

プラネタリウム・クリエーターの大平貴之氏が開発した普段肉眼で見ることのできない1000万個の星を映し出すことのできる光学式プラネタリウム投影機「MEGASTAR-II」を使用して無数の星々が煌めく世界を再現。デビュー30周年&ソロデビュー20周年を迎えた藤井フミヤが神秘的な月・星の広がる宇宙へナビゲート。

4台のソニー製プロジェクターを使用し、客席正面だけでなく、天井にもCG映像を投写することにより、月へと旅立つスピード感や宇宙での浮遊感なども演出。4台の内1台には魚眼レンズをつけ、より宇宙空間の広がりを感じさせる映像に仕上げる工夫が加えられている。
さらに、煌めく星空の世界にあわせて選ばれたハイレゾリューション・オーディオを、スピーカーの最上位機種であるリファレンスモデル“R” シリーズ「SS-AR1」2台とマルチチャンネルインテグレートアンプ「TA-DA5800ES」で再生、プラネタリウム映像との美しいハーモニーで神秘的な月への旅を楽しめる仕様となっている。

再生される楽曲は、L’Arc~en~Cielの「READY STEADY GO」、ユニコーンの「Feel So Moon (映画“宇宙兄弟#0”テーマ曲)」、マイケル・ジャクソンの最新ヒット曲「Love Never Felt So Good」、平井堅の最新楽曲等に加え、イベントナビゲーター藤井フミヤの最新ライブアルバム「FUMIYA FUJII SYMPHONIC CONCERT」から不朽の名曲「Another Orion」、「夜明けのブレス」の計6曲。この藤井フミヤの最新にして初のライブアルバムは、日本センチュリー交響楽団の華麗なオーケストラとの競演による珠玉のコンサートをハイレゾで収録したものとなる。

【上演プログラム】
—イベント前半 11/7(金)〜11/30(日)—
L’Arc~en~Ciel
アルバム“SMILE”より「READY STEADY GO」

マイケル・ジャクソン
最新アルバム“XSCAPE(エスケイプ)”より「Love Never Felt So Good」

藤井フミヤ
最新ライブアルバム“FUMIYA FUJII SYMPHONIC CONCERT”より「Another Orion」

—イベント後半 12/1(月)〜12/25(木)—
ユニコーン
アルバム“イーガジャケジョロ”より「Feel So Moon(映画“宇宙兄弟#0”テーマ曲)」

平井堅
「最新楽曲」※近日配信

藤井フミヤ
最新ライブアルバム “FUMIYA FUJII SYMPHONIC CONCERT”より「夜明けのブレス」


Sony Building 「サウンド・プラネタリウム 2014」
http://www.sonybuilding.jp/eventspace/opus/soundopus2014/