icon_topicsニュース

【慶大 大学院】裸眼で観れる 3D映像を空中に投影!「ハプトミラージュ」を開発

慶應義塾大学 大学院メディアデザイン研究科の舘暲(タチ ススム)特別招聘教授、南澤孝太准教授らが、複数人が同時に裸眼で観察可能な3D映像を空中に投影できる3Dディスプレイ「HaptoMIRAGE(ハプトミラージュ)」を発表。

ハプトミラージュで投影された映像は、特殊な眼鏡をかけることなく広い範囲から立体映像として観ることができる。もちろん複数人がそれぞれの立ち位置から観た時にも適切な3D映像が閲覧可能となっている。


【裸眼3D映像 立体視の原理】
モーションキャプチャー装置で人の視点の位置を計測して、それに合わせた左右視差映像を液晶ディスプレイ(LCD display)に表示。この映像がフレネルレンズ(Fresnel Lens)の手前の空間中に実像として結像する。そのままだと左右両方の画像がそれぞれの目に映ってしまうため、液晶ディスプレイとフレネルレンズの間に透明液晶ディスプレイを配置してアクティブシャッター(Active shutter)が左右の目それぞれに対応した映像がそれぞれの目のみへ向かうように調整している。
人の視点に合わせた投影をするので広角150度という広い範囲で3D映像を観ることができる。
開発されたこの装置はディスプレーを3台配置しているため、最大3人同時に立体映像を共有することができる。
hp02
さらに、人と提示された映像の間に障害物となる構造がないため、映像に直接手を伸ばして操作したり、空中に3Dコンピューターグラフィックスのスケッチを描いたりするなど、現実空間と情報空間がシームレスに融合した新しい体験が実現する。

hp06
今後は3D映像に触った際に感触を与えることで立体映像がよりリアルな存在感を持つように研究を展開していくそうです。


科学の進歩ってすごいですね。
いつかこんなことが当たり前になる時代が来るんだろうな(・ω・)

たとえば、絵や写真でしか知ることがなかった生き物を立体映像として見て
更には手にとって観察することができたりするんだね。
そういうのが小学校の授業でも当たり前になったりとかするのかな
hp01
そういえば昔、絵でしか見たことがなかった「マンボウ」を初めて水族館で観たとき
あんなに大きな魚だと思ってなくてビックリしたわ

これからの世代はさ
一生遭遇する機会がないような生物も、まるで実物を観たかのような体験ができるんだね。

ほんとすごい(・∀・)
研究者さまさまだね。


科学技術振興機構 -Japan Science and Technology Agency-
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20140901