icon_topicsニュース

AppleとIBMが企業向けモバイルで戦略的定形を発表

AppleとIBMが7月15日(現地時間)に、企業向けのモバイルサービスでソフトとハードの両面で提携することを発表しました。
具体的な提携内容は、AppleはIBMが所有するビッグデータとそれらの処理能力を利用できるようになり、IBMはiOS端末(iPhoneとiPad)を販売できるようになります。

og28

この提携により、IBMが運用している「IBM MobileFirst」サービスが、iOS向けに「IBM MobileFirst for iOS」としてiPhoneとiPadに提供される予定です。
IBMは企業向けのアプリケーションを多数保有しておりますが、昨今は社内端末にiPhoneを採用する企業が増えておりますので、そこのニーズにはガッチリとハマり込む強力なサービスが誕生すると思います。

AppleとIBMが最初に参入を狙う分野は、小売、ヘルスケア、金融、保険、旅行、運輸、テレコムなどだそうです。時期はiOS8がリリースされると言われている今秋頃になるだろうと予想されております。

GoogleとMicrosoftも企業向けサービスを拡大させているタイミングであり、特にGoogleはAndroid Lを発表したばかりです。このタイミングでAppleとIBMの発表はこの分野に衝撃を与えたと思います。

AppleのiOS端末の人気と、IBMがもつ強力なビッグデータが竜巻のように全てをかっさらってしまうかもしれませんね。


ソースはCNBCの記事から
海外サイト