icon_topicsニュース

【ボーンデジタル】3Dモデリングにおけるクラシックアートコンセプトを開催

ボーンデジタルが、3ds Max & Maya ユーザーへ向けたセミナー3Dモデリングにおけるクラシックアートコンセプトを開催する。

3Dモデリングにおけるクラシックアートコンセプト
イタリアの画家サンドロ・ボッティチェリの「ビーナスの誕生」、オランダの画家ヨハネス・フェルメールの「ディアナとニンフたち」など古典の名画、名作の表現技法を学ぶことで現代のビデオゲームアートにおいてもよりハイレベルなデザインが可能となる。

海外で多くのゲームデザイナーやCGデザイナーに愛読されるDrawing Basics and Video Game Artの日本語版がついに!2014年6月上旬発売!

ゲームアート
これを記念して著者の Chris Solarski(クリス・ソラースキ)氏が来日します。

Chris氏が語る

クラシックアートと現代のビデオゲームアートの繋がり、古典アート技法の解説
ゲームやCG制作におけるモデリングや環境作成において知っておくべき最も大事なアート基礎概念

【講演者】
Chris Solarski(クリス・ソラースキ)氏
クリス・ソラースキー
―画像は本人のブログより―
Drawing Basics and Video Game Artの著者
ゲームデザイナー
コンピューターグラフィックスの学士号を取得後、Sony Computer Entertainment Europe Limited にて3Dキャラクターおよび環境デザイナーとして活躍。
その後、Warsaw Academy of Fine Artsにてクラシックアートを学び、現在はSolarski Studioを立ち上げて独自にゲームデザインや数々の国際イベントや大学にてレクチャーを行っている。
(The Art of Video Games Exhibition at the Smithsonian Museum in Washington DC,FMX in Stuttgart Germany, UCLA Game Lab, NYU Game Centerなど)

3Dモデリングにおけるクラシックアートコンセプト

開催日:2014年6月6日(金)
時間 :17時〜19時(開場 16:30)
会場 :ベルサール九段 3F
    〒102-0073 東京都千代田区九段北1-8-10住友不動産九段ビル MAP
参加費:無料 ※事前登録が必要
参加対象:ゲームCG制作者、3DCG制作に携わる方
主催:ボーンデジタル
協賛・協力:SOLARSKI STUDIO、オートデスク株式会社 メディア&エンターテインメント

詳細、お申込みはこちらのページからどうぞ


ボーンデジタル
http://www.borndigital.co.jp

SOLARSKI STUDIO
http://solarskistudio.com

オートデスク
http://www.autodesk.co.jp