icon_topicsニュース

【grass valley】EDIUS 7のコンテンツをクラウド経由でストリーム配信

グラスバレーが、マイクロソフトのAzureを使用し、クラウドで世界中にコンテンツをストリーミングする機能を提供すると発表した。

グラスバレーは、ノンリニアビデオ編集ソフトウェアの最新バージョンであるEDIUS 7が作成するHQ/HQX形式のファイルを、直接ストリーミングフォーマットに変換する機能をマイクロソフト Azure に提供します。マイクロソフトAzure メディアサービスが、グラスバレー HQ Codec/ HQX Codecを新たにライセンスし、サポートすることで、EDIUS ユーザは、マイクロソフト Azure を使って、クラウドへのコンテンツアップロードや配信などの拡張機能を柔軟に使うことができるようになります。

edius_pro_7
EDIUS 7
「どこでも・なんでも編集できる」を特徴とする強力なリアルタイム編集機能を持つ高機能な編集ソフトウェアであり、ニュース番組・スタジオプログラムなどの各種コンテンツ制作に最適なだけでなく、企業・ドキュメンタリー制作・劇場制作など幅広い分野で活用されている。
EDIUS 7 は、64-bit ネイティブアプリケーションとなり、Windows 7 と Windows 8 に対応したことで、最大512ギガバイト(Windows のバージョンに依存)のメモリ空間を使用できるようになり、多くのメモリを必要とする4K映像や3D映像のマルチレイヤー編集をより快適に行えるようになった。

グラスバレー社 ストラテジックマーケティング シニアヴァイスプレジデント
Mike Cronk氏 コメント
ビデオファイル・ウェブストリーム・ポッドキャスト等、目的によって異なるフォーマット形式の増加に伴い、編集者が扱うソースやフォーマットの種類も増え続けています。グラスバレーのEDIUSは、業界で最も速く汎用性の高いリアルタイム編集ソフトです。グラスバレーがAzureのエキスパートと共に、クラウド経由で高品質な映像配信する機能をユーザーへ提供できる事を非常に光栄に思います。
 


 
Microsoft Azure
クラウドコンピューティングのプラットフォームであり、Microsoftのデータセンターと連携したグローバルネットワークを通してアプリケーションおよびサービスを作成し、導入し、管理する基盤を提供する。また、多くのプログラム言語、ツール、およびフレームワークをサポートし、クラウド上でメディアを作成し、管理し、配布するための強力な機能も提供する。

マイクロソフト社Azure Media Servicesのディレクター
Sudheer Sirivara氏 コメント
入力ソースが複雑に入りまじり、顧客の要求に応じて刻々と内容が変化し、かつ厳しいスケジュールに直面した際には、中間コーデックのスピードと透明性は非常に重要です。グラスバレーのHQやHQXコーデックは、コンテンツ制作・編集者の創造力を引き出すだけでなく、さらにその先のお客様の利益にもつながります。この組み合わせによる優位性は、他の追随を許しません。我々は、メディアサービスにEDIUS 7の品質や機能を追加できたことを非常に嬉しく思います。


 
 
グラスバレー
http://www.grassvalley.jp

Microsoft Azure
http://azure.microsoft.com