icon_topicsニュース

【Adobe Systems】Adobe Creative Cloud 全ての映像制作アプリケーション 大幅にアップデートを発表

米Adobe Systemsが、Adobe Creative Cloud 全ての映像制作アプリケーションを大幅にアップデートする計画を発表した。4/7〜4/10にラスベガス(米)で開催されるNAB2014のアドビシステムズブース(サウスホール#SL3910)にて映像制作を加速するAdobe Creative Cloudの数多くの新機能が公開される。
nab2014reveal

Adobe Creative Cloud 映像制作ツール次期バージョン 注目ポイント

ネイティブ対応フォーマットをさらに拡充:Canon RAWおよびソニーSStPを新たにサポート
GPU高速処理を強化:RED R3DデベイヤーもGPU処理、SpeedGradeもCUDAに加えOpen CLサポート
映像の部分的なエフェクトが簡単に:対象物の動きを解析してトラッキングも
After Effectsテキストアニメーションを、Premiere Proで自在に活用
Digital Cinema Package(2Kまで)出力に標準対応

さらに
SHIFT + 左右カーソルでの移動フレーム数を設定可能に!
複数のショートカットキーにコマンドの割当が可能に!
AAF, FCP XMLデータの再現性を向上!
コンソリデート&トランスコード!
GoPro対応のレンズ補正!

NAB 2014 にて公開される新機能の一部

【Premiere Pro CC】
―編集作業を加速する新機能―
After Effects CCで作成されたテキストアニメーションをPremier Pro CCから直接編集できるLive Textテンプレート
プロジェクトの自動保存ファイルをCreative Cloudのストレージに保存する自動保存機能
対象物に正確なマスキングを行って人物の顔やロゴにぼかしを入れる放送局での編集に不可欠なマスク&トラック機能など
さらに、Premiere Pro やSpeedGrade に追加される新しいマスタークリップエフェクトではオリジナルクリップにエフェクトを適用できるようになる。

【After Effects CC】
―より強力な機能を追加―
高圧縮コーデックで撮影されたクロマキー素材のキー生成をより効果的に行うキー合成エフェクトを搭載
Typekit連携がAdobe Premiere Pro CCとともにAfter Effects CCでも可能となり、拡大するフォントライブラリーが利用できる。

【Adobe Anywhere】
―リアルタイムの協調制作機能を強化―
プロジェクトのバックアップをリアルタイムで行うホットバックアップ
Prelude CCのラフカットで編集を開始し、Premiere Pro CCでシーケンスの仕上げが行えるラフカット対応
AnywhereとAfter Effects CCのメディア処理を直接統合できるAfter Effects CCメディア処理機能

Adobe Anywhere は標準的なネットワーク環境で、Adobe Premiere Pro CCやAdobe After Effects CCなどのプロフェッショナル向け映像製作ツールのユーザーが一元管理されたメディアやアセットを使用して協働作業を行うことができる協調制作ワークフロープラットフォームである。
Adobe AnywhereをCreative Cloudと併せて使用することで、放送局や教育機関、政府機関など大規模な組織において、より深いレベルで連携した映像制作作業が可能になる。

 
 
Focus In Blog:Adobe Premiere Pro CC After Effects CC ビデオ・オーディオ製品 公式ブログ
http://blogs.adobe.com/focusin/
NAB 2014
http://www.nabshow.com/