icon_topics暮らし

東京に空いた、宇宙の穴。宇宙ミュージアムTenQ(テンキュー)オープン

[youtube width=”745″ height=”419″]https://www.youtube.com/watch?v=nHdV5h9WJJ0[/youtube]

こんにちは、土井です。
宇宙って神秘的で面白いですよね。
一度でいいから、宇宙から地球を見るのが夢です!

そんな夢を体験できる施設『TenQ(テンキュー)』が、7月8日に東京ドームシティオープンしました。
施設の中には様々な展示物が現代的な技術を取り入れられていて、プロジェクションマッピングや、宇宙自分診断など他では見られない体験がたくさんできます。

h1

中でもキャッチコピーにもある『東京に空いた、宇宙の穴』を表す『シアター宙(ソラ)』
こちらは、直径11mの大きな穴が開いたシアターになっています。
プラネタリウムでは『見上げる』のが一般的でしたが、この『シアター宙(ソラ)』は『囲み、覗きこむ』独自なスタイルになっています。
更に最新鋭の技術を駆使した4Kを越える高解像度映像(フルハイビジョンの8倍)を使用し、美しく息を呑むような鮮明さ立体感が表現され、まるで宇宙船の窓を覗きこんで、宇宙を見る浮遊感や臨場感が体験できそうです。
他にも面白そうな展示物が多くありますので、夏休みに家族でもカップルでも1人でも楽しめそうな『TenQ(テンキュー)』に興味津々です!

チケット料金
一般/1,800円
シニア65歳以上/1,200円
学生(高・大・専門学校生)/1,500円
4歳〜中学生/1,200円


TenQ(テンキュー)宇宙ミュージアム
http://www.tokyo-dome.co.jp/tenq/